【ラ・パルレ】ラ・パルレのエステ技術はどうなの?

ラ・パルレは30年以上の歴史あるサロンとして知られています。
30年もの長い期間、女性の様々な身体の悩みに応えてきたラ・パルレには、
他のエステにはないノウハウや実績が蓄積されており、技術面にも反映されています。
そこで、ここではラ・パルレのエステ技術に注目して、特徴をご紹介していきたいと思います。

 

ラ・パルレのエステティシャンの技術力
ラ・パルレはエステティシャンの腕が確かだと支持されていますが、
なにか特別な取り組みなどを行っているのでしょうか?

 

まず、ラ・パルレの特徴の一つとして「エステティシャンに対し、AEA検定、社内検定の取得を
積極的に推奨している」というものがあります。この取り組みは、エステティシャンとしての
技術力だけでなく、顧客のメンタルケアまで行うトータルエステに対応できるスタッフ養成に
力を入れているということです。

 

ここで気になるのが「AEA検定」とは何?ということですよね。
AEA検定とは、一般社団法人 日本エステティック業協会(AEA)の検定で、高水準の知識、マナー、
技術を兼ね備えたエステティシャンを育成し、顧客の信頼を確保することを目的とした制度です。
つまり、この検定をパスしたエステティシャンは、エステのテクニックだけでなく、接客や
メンタルケアなどの総合力に優れたエステのプロという訳ですね。

 

ラ・パルレはスタッフに対して、こういった資格取得に積極的に取り組める環境を整えているのも、
エステティシャンの平均的な技術力の高さがあればこそ、と言えるかもしれませんね。

 

ラ・パルレのエステ技術は全店舗共通
エステで行われる施術は、オールハンドの施術であれ、ハンド&マシンの施術であれ、
人の手による技術である以上、エステティシャンの技術によって効果に差が出てしまいます。
そのため、エステでは「担当者によって差が大きい」なんて批判が出ることが少なくありません。

 

しかし、ラ・パルレの場合はスタッフに対して徹底的な研修を行っており、
エステティシャン一人一人が、高いレベルハンド・マシン両方の技術をしっかりと習得しています。
そのため、誰もが同一のエステ技術を持って、顧客の施術を行うことができるようになっています。
これって地味ではありますが、結構すごいことですよね。

 

このように、ラ・パルレのエステ技術は高いレベルで均一化されており、
どの店舗でも安心して施術を受けることができる環境が整っています。

 

ラ・パルレのエステ技術の確かさは、長年積み重ねた実績やノウハウと、
細やかな企業努力によって培われたものだと言えるでしょう。